このコーナーは「orite米原」のスタッフが、自分のお気に入りの商品を「どのくらい気に入っているのかを全力でアピールする」コーナー


今回の登場人物
oriteスタッフ アユミちゃん

普段は配送など縁の下の力持ちとして活躍してもらっていますが、
今回は不運にも表舞台へ駆り出されるハメに。


みんな一度は食べたことのある「お餅」

「みなさん、お餅好きですか?今年のお正月もたくさん食べられたのではないでしょうか。
米原市にも地元のお米と美味しい名水で作った絶品のお餅があります。」


「さて、下の写真が通常のお餅。しろもち、よもぎもち、豆もち、、、これだけ見てもとても美味しそう。」





「ですが、今回オススメしたいのがこちらのこわもち
お餅の中にお米の粒々がしっかり残っていて、食感がすごくいいんです!!プチプチというかザクザクというか、、、なんていうか、ぜひ一度食べていただきたいんです!」



ということで、食レポ

「このお餅がどれだけ美味しいかを、今から実際に食べてお伝えしていきたいと思います。
本来ならば味覚ごとwebに掲載できれば一番いいのですが、、、今の技術では不可能なので私がいただきます。」


「ふつうに焼いてお醤油(もちろん米原産)につけて食べるだけ。ご存知の通りこれだけでも大満足なほど美味しいのですが、今日はoriteオススメの食べ方バター餅をご紹介いたします。」




バター餅とは?

「お正月の時期にいただいたり買ったり、大量に手に入るお餅。食べ方も単調で飽きたりしませんか?そんな時にぜひお試しください!
たっぷりのバターで焼くことでコクが出て、おつまみや子供達のおやつに早変わり!」

「作り方はいたってカンタン。
フライパンに多めのバターを溶かして、少し揚げるように焼きます。」


「醤油は出来上がったバター餅に直接かけていただくのがベスト!!
お好みで砂糖醤油やしょうが醤油、わさび醤油などもオススメです!」


「かぶりつくのもいいですが、お箸で割って丁寧にいただくのが私流。
さらに我が家ではこのバター餅はお餅のレシピとしてポピュラーなものです。」







「さてそのお味は・・・」









お前誰だよ。



「ということで、普通のお餅に飽きてきたなぁと感じたら、バター餅もお試しください☆」

伊吹山の中腹でつくられるお餅

今回お餅を提供していただいたのはここ、「伊吹の山里 片田舎」。

伊吹の山里 片田舎
住所:〒521-0305 滋賀県米原市上坂並325
電話:090-3168-2404





今回登場したお餅はコチラ


こわ餅しろもち
こわ餅 しろもち


約1kg 1,080円
(税込)

こわ餅よもぎ
こわ餅 よもぎ


約1kg 1,080円
(税込)

こわ餅黒豆
こわ餅 黒豆


約1kg 1,080円
(税込)



これまでの推しモンはコチラから