開運を願う職人の作った宝くじ保管箱

宝くじご縁箱【欅】

たからくじごえんはこ【けやき】


けやき宝くじ箱


  1個  6,500円(税込) 


配送方法
⇒送料・支払い方法の詳細  ⇒ふるさと割って?
商品説明
浜仏壇の職人がひとつひとつ手作業で造る、宝くじを保管するための特製の保管箱です。高級な欅(ケヤキ)材を使用していますので神棚や床の間においても違和感なく使用していただけます。
良いご縁を願う方はぜひ手に取ってみてください。

商品名 宝くじご縁箱【檜】
原材料 ケヤキ材
サイズ 縦約11cm × 横約21cm × 奥行き約6cm


仏壇作りのノウハウと技を生かして、宝くじを大切に保管するための木製の箱ができました。
宝くじが100枚入るサイズですので幸運を願って大切に保管できます。仏壇に携わっているからこその厳選された木材を使用して仕立てました。
皆様に幸運を。そういった願いが込められたご縁を招くための保管箱です。


仏壇には銘木と呼ばれるような由緒のある材木が使用されます。浜壇に使用されるのは欅(ケヤキ)や檜(ヒノキ)が多く、どれも強度や耐久性が大変優れている材木となります。
檜は国内の広葉樹の材木の中でも第一級の良材とされ、水気や湿気に強く、仕上げ面を磨くと光沢が出て木目が綺麗でる特徴があります。そんな中よりさらに厳選した銘木を使用して仏壇は造られています。


豊臣秀吉が長浜城の城主であった頃、昨今ではユネスコ無形文化遺産に指定された「長浜曳山祭」の山車を地元の職人に造らせ、そこに携わった宮大工や蒔絵師などがその巧みな技を応用して造り始めた仏壇が浜壇(浜仏壇)のルーツとされています。骨組みのほとんど「ほぞ組み」で組まれ、曳山の屋根そのものの形をした「八つ棟」の屋根が施されたりとまさに豪華で華麗です。
また、現代においては最高級仏壇のひとつとされ、それぞれの職人による分業で作製さます。

シェアするTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on FacebookEmail this to someone