「いざ」災害にあった時に食べる「ぜんざい」

防災非常食 いざぜん レトルトパック

ぼうさいひじょうしょく いざぜん れとるとぱっく


いざぜん


  1箱 (200g 2人前)  500円(税込) 


  10箱セット  5,000円(税込) 


配送方法
⇒送料・支払い方法の詳細
商品説明
滋賀県米原市の山間地で栽培した小豆を使用した防災非常食・いざぜんレトルトパック。
特定原材料を使わず、農薬や、化学肥料を全く使わず育てた素材は小さなお子様からお年寄りまでが安心して食べていただけます。「イザ」災害にあってしまった時に食べる「ゼンザイ」です。

ヤフーバナー

商品名 防災非常食いざぜん(ぜんざい) レトルトパック
原材料 小豆(農薬・科学肥料不使用)、砂糖、塩
賞味期限 製造日より1年間
保存方法 直射日光を避け常温保存
生産者情報 みんなの家EH
ホームページ izazen.com

ヤフーバナー

「イザ」という時の甘味非常食・いざぜん

災害にあってしまった際の食糧不足、またある程度の食糧があったとしても普段とは違う食事風景は想像以上に人を疲弊させます。
そんなシーンでも「ひとときの笑顔と安心を送りたい」という思いを込めて、「いざ」という時の甘味非常食に「ぜんざい」を開発しました。

懐かしい味にホッとする、素材が生きたぜんざい

粒小豆入りのいざぜんは、小豆と砂糖・少しの塩で味付けしたシンプルなもの。
砂糖の甘みが強いぜんざいではなく、小豆本来の甘さを引き立てた優しい甘さで、どこか懐かしいホッとする味のぜんざいです。
ライフラインが使えない災害時を想定し常温でも試食しましたが、小豆の粒食感ととろみがあり、1人前でも十分な満足感を味わうことが出来ました。
温めていただくと、小豆のホクホク感も楽しめます。お好みでお餅を入れていただくのもおすすめです。




甘味料を食べて、ココロにちょっとの余裕を。

大人が1日に必要な摂取カロリーは約1,200kcalですが、災害時の環境の変化などによるストレス下では1,600kcal程度摂取するのが理想とされています。
しかしながら、非常食でこれだけの量を摂取するのはなかなか難しいこと。
そこで役割を果たすのが甘味料。甘味料を摂取することでカロリーと満腹感を感じるほか、甘さにより非常時でも心に余裕を持つことができます。
小豆そのものも栄養価が高く、体を作る成分から疲労回復を手助けする成分が多く含まれているので、少量でもしっかり体に栄養を届けてくれるのです。もしかしたら、小豆は防災食にぴったりなのかも!?しれませんね。



ぜんざいの主原料である小豆は米原市内の山間地で栽培を行っています。
種まき・育成・収穫・選別のすべての工程に地域のお年寄りからアドバイスと作業支援をいただき、昔ながらの栽培を実現しています。
また、農薬・科学肥料不使用の土で育てた、安心・安全のアレルギーフリーの小豆を100%使用しました。

今日から始められる防災意識

いつ起きるのかわからない災害に、日常生活の中で消費しながら備蓄する「ローリングストック」という備蓄方法をおすすめしています。

多めの保存食を蓄え、日常生活の中で使用しながら食べた分だけ買い足していく。
災害時の食料不足に備える方法ですが、無理なく・無駄なく実行できます。普段から食べなれているものがいざという時にも食べられるという安心感はとても大きいものとなります。
日本は地震、火山、津波など被災する確率が高い紛れもない自然災害大国。1人1人が防災を意識することで、イザという時に慌てず行動することができます。
「食の確保からくる安心」を兼ね備えた仕組みこそローリングストックの醍醐味です。

自分や家族、大切な人を災害から守る非常食・防災用品を改めて見つめ直してみませんか?


ヤフーバナー

シェアするTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on FacebookEmail this to someone