医者いらず。食欲がない時にもおすすめ!

山のめぐみ。伊吹の梅干し

やまのめぐみ いぶきのうめぼし



100g 324円(税込)



⇒送料・支払い方法の詳細

商品説明
お弁当やおにぎりに入れやすい大きさの梅干しです。伊吹山の麓で育った南高梅などを1つ1つ手間暇おしまず並べて干しました。
無着色、減塩で体にやさしい。クエン酸の力で、食欲増進や疲労回復の効果があります。

商品名 山のめぐみ。伊吹の梅干し
原材料 梅(伊吹産こだわり梅)、塩、しそ
※同一加工所でそば粉と大豆商品(味噌)を扱っています。
賞味期限 発送日から3ヶ月
保存方法 常温保存





梅干しは、塩漬けした後に日干しにしたもののことを指す、漬物の一種です。昔からおにぎりやお弁当に使われる日本の身近な食材として利用されてきました。梅は医者いらずといわれるくらい体に良い効きめをもたらす食品です。
塩漬けにした後日干しにすることを天日干しといい、天日干しをしっかり行うことがおいしい梅干しを作る秘訣です。


寒暖の差が激しい土地と伊吹山の綺麗な水が、おいしい梅を実らせてくれます。
1つ1つ、しっかり目で見ていいものだけを選んで収穫し、丁寧に漬け込んでいます。
丁寧に天日干しし、自然の綺麗な赤色を出しています。
最低限まで減塩しているので塩分を気にしている方にもおすすめです。





梅干しには酸っぱさの元となるクエン酸が多く含まれており、エネルギー代謝を活発にして、食べたものを効率よくエネルギーに変えてくれる働きがあります。さらに疲れの原因“乳酸”を分解する働きもあるので、風邪の引きはじめや疲れが溜まっているときに食べると効果的です。
中国では古くから漢方薬として使われてきた梅干し。カテキン酸も多く含み、解毒、老化予防などの効果があります。




酸っぱいのはアルカリ性食品の証拠。なので、酸性に傾いた体内のバランスを整えてくれます。
肉類などの酸性の食品を食べすぎると体内が酸性が増え、血液がドロドロになる原因を引き起こします。そんなときに梅干しを食べるとアルカリ性の成分が酸性を中和し、血液をサラサラにする効果があります。
肝臓などの臓器を正常な働きに戻すことは、同時に美容の効果をもたらしてくれます。そして、それは老化防止にもつながります。



梅に含まれるクエン酸は、老廃物を外に押しだしてくれます。カルシウムの吸収を高める働きもあり、疲労回復やストレスを軽減し精神安定の効果にも期待できます。
ねぎ(アリシン)や海苔(ビタミンB1)と一緒に食べると疲労回復の効果はバツグン。冷え症や二日酔いの時に梅干しを食べると症状を軽減してくれます。


梅の酸味が舌にふれることによって消化液が活発に分泌され始め、同時に胃液の分泌を促してくれるので食べたものを消化しやすく、食欲も出てきます。
昔からおにぎりに入れたり、おかゆに梅干しを乗せるのは、こうした体に嬉しい効果がたくさんあるということが知られていたからです。




代表の谷口さんは2013年に自家栽培野菜などを加工販売するいぶきファームを立ち上げ、その後2014年に伊吹山麓元気農業協議会を立ち上げました。古民家を改装し、伊吹大根やふきのとう、山椒、山菜などを使った加工品の製造販売にも力を入れています。
今では米原はもちろん滋賀県内にも出荷され、手間暇を惜しまず育てた野菜たちは、評判を得ています。




「地元でとれた減農薬野菜を使い、安心で安全なものをみなさんに届けたい。」と話す谷口さんが作る、新鮮な山のめぐみをしっかり漬けたおいしい梅干し。どうぞ一度ご賞味ください。






シェアするTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on FacebookEmail this to someone