お部屋のアクセントに。手仕事で仕上げた正20面体のランプです

いわさらんぷ

いわさらんぷ



6,480円(税込)


配送方法配送方法
⇒送料・支払い方法の詳細

商品説明
和室にも洋室にも馴染む、表具店が手仕事で使って仕上げた照明器具です。正20面体のランプならではの美しい陰影が楽しめます。
麻布の間から見える明かりが暖かな印象をあたえ、眺めているだけで1日の疲れを癒してくれます。

商品名 いわさあんどん
仕様 能登ヒバ・麻布・照明器具10W(日本製)
寸法 横・奥行:15cm 高さ:18cm




着色をしていない木そのままの色や雰囲気は、和室にも洋室にも馴染み、眺めているだけで1日の疲れを癒してくれます。
正20面体という珍しい形で、美しい陰影が楽しめる。置いているだけでも目を引く美しいお部屋のインテリアです。
部品1つ1つを手仕事で丁寧に仕上げており、隅々まで綺麗で丈夫なものに仕上がっています。電気部分以外は釘を一切使用せず木を組み合わせています。
丁寧にやすりをかけたなめらかな表面が美しいらんぷです。


丁寧にやすりをかけたなめらかな表面は、ヒバの木特有の綺麗なつやがあります。
あたたかみのあるらんぷは、長年おいていると木が光を吸収、分解し、落ち着いたあじのある色に変化します。その雰囲気の変化を楽しめるのも、着色をしていないからこそ。
また、とても軽いので気軽に持ち運びすることができ、色々な場面で、場所で、お好きに置いていただけます。




手触り、色つやはもちろんのこと、ヒバには抗菌成分ヒノキチオール(名前のわりにヒノキには含まれていない成分)が含まれており、とてもよい香りがします。
またヒノキチオールには、自浄作用があるため清潔さが保たれ、さらにヒバは耐久性が高く、高温多湿の日本の気候にぴったりの木材です。



岩佐表具店のらんぷは、障子作りに用いられる組子という伝統技法(釘を使わずに木を組み付ける技術)を使って釘などを一切使わずに作られています。
組子は、飛鳥時代の職人達から何代にもわたって引き継がれてきた木工技術です。



木を切る時コンマ1ミリでもずれると組み合わなくなります。
きっちり長さと切れめを合わせて組む技術を必要とし、長年の経験と熟練された技が窺えます。



木工の技術を生かしたらんぷ作りは観光業界などの目にもとまり、宿泊施設から大口の注文も来ているそう。
品質の確かなものを日々製作しており、PL保険にも加入済なので安心して使っていただけます。良いものを使っていただきたいという思いから、照明器具の電気部品はすべて安心の日本製を使用しております。








シェアするTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on FacebookEmail this to someone