軽く、天然素材のやさしいあたたかさ。冬の嫌な静電気がおきません。

近江真綿のひざかけ

おうみまわたのひざかけ



3,800円(税込)


配送方法
⇒送料・支払い方法の詳細

商品説明
あたたかく、通気性の良いひざかけ。冬はもちろん、夏の冷房対策や小さな子供の布団としても使う事が出来ます。
蚕(かいこ)のまゆから作られた真綿(シルク)を使用しており、天然素材のため、お子さんやアレルギーのある方も安心して使用していただけます。また、真綿は冬の嫌な静電気がおきません。
手作業で真綿を引いて作られた軽いのにあたたかいひざかけ。お好きなカバーをかけてお使いください。

商品名 近江真綿のひざかけ
中綿 真綿(シルク)
外生地 木綿(コットン)
サイズ 740mm×1080mm




ひざかけの中身はシルク100%

江戸時代中期から作られている真綿。
天然素材で、抗菌・抗酸化作用消臭作用があります。さらに蒸れにくいことに加え、静電気がおきないので冬の寒い時には重宝します。
また、大きさがちょうど小さな子供の布団サイズなので、お昼寝のときなどにピッタリ。冬場はもちろん、夏の冷房対策にも使用することができ、あたたかいのに通気性がよく、寒いところを優しく包んでくれます。
簡単に折りたたむ事ができ、小さくなるので持ち運びも簡単!
あなたのために職人が手作業で作り上げるひざかけです。





高級素材シルク(絹)

蚕(かいこ)という虫のまゆから作られる天然の絹(シルク)。
古くから作られている絹ですが、木綿や化学繊維の発展のため、現在は生産数が少なくなっています。




技術を引き継ぎ、伝統的な手作業で作っているのは現在、日本で5軒しかありません。
また、蚕を飼育している所も少ないため、多くは生産できず、手作業の手間がかかるため、真綿は高級品と言われています。




真綿は中に入れる綿としてだけでなく、糸状にして生地にしたり、三味線の弦にしたりと幅広く使われています。
天然素材で人にやさしく、使い心地がとても良いので古くから愛され続けています。





真綿ができるまで

蚕のまゆは楕円形で固いものです。固さの原因は、セリシン(※)という成分が入っているため。
※セリシンは天然のタンパク質で、化粧品などに使われています。肌のきめを整える作用があります。




まずは、蚕のまゆを重曹を入れた湯の中、2時間ほどぐつぐつと煮て柔らかくします。やわらかくなったら、手作業で「角真綿」と言われる四角い形に形成します。この一つの角真綿を作るためには、20個のまゆが必要で、1つ1つのまゆを職人が手作業で四角い形にしていきます。




北川キルト縫工

歴史ある近江真綿を現在に引き継ぐ北川キルト縫工。江戸時代中期から伝統的な技法を引き継ぎ、手作業で丁寧に真綿の製品を作っています。
真綿は、天然素材で人にやさしくあたたかいのに通気性が良い特徴があります。さらに抗菌・抗酸化作用をもち、ピタっと体にフィットする使い心地が、古くから愛され続けている理由なのでしょう。



写真は代表の北川さん

北川キルト縫工では、真綿や真綿を引いて糸にしたものなど様々なものを使って商品を作っています。
ひざかけやストール、帽子など他にはない北川キルト縫工独自の商品を販売している他、工房内には繭むきや真綿の手引きなど様々な体験コースがあり、技術を体験することが出来ます。




ムレずにあたたかい

寒いところをしっかりあたためてくれて、蒸れない天然素材のひざかけ。アレルギーのある方にも安心して使用していただけます。
冬はもちろん、夏の冷房対策にも使用することができ、小さなお子さんの布団としても活躍するひざかけです。
上にお好きなカバーをかけてお使いください。また、小さく折りたたむ事が出来るので持ち運びも簡単!
職人が手作業で作る真綿を使ったひざかけです。一度使うと使い心地の良さに他のものが使えなくなってしまうかもしれません。



シェアするTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on FacebookEmail this to someone