伊吹の栄養豊かな水をたっぷり吸って育ちました。環境こだわり農産物認定品。

伊吹の食卓米

伊吹の食卓米



5kg 2,500円(税込)


10kg 4,500円(税込)


配送方法
⇒送料・支払い方法の詳細  ⇒ふるさと割って?

商品説明
米原市内の道の駅ではいつも完売状態の「伊吹の食卓米」。環境こだわり農産品の認定を受けており、遺伝子組み換えされた品種は使用しておりません。
減農薬、減化学肥料を実施しており、できるだけお米に負担の掛からないよう育成されています。
姉川の水と伊吹の湧水で育ったお米ならではの、格別な美味しさです


商品名 伊吹の食卓米
原材料 米原産コシヒカリ
賞味期限 精米より1ヶ月
保存方法 常温保存(風通しが良く陽の当たらない場所で保管してください)
生産者情報 ㈲伊吹旬彩



環境こだわり農産物認定米

減農薬・減化学肥料を行い、できるだけお米に負担をかけないよう育てています。
年間生産は22ha、約1600俵収穫しています。
伊吹農業生産組合の組合員は48名。
姉川の水と伊吹山の湧水で育てたお米は格別な美味しさです。

旬彩の森と居醒にて販売中ですが、週末には売り切れてしまう人気ぶり。
伊吹の食卓米は旬彩の森の食堂でも提供されており、おいしいと大変好評です。
他にも病院や老人ホームでも提供されており、安心・安全なお米であることが評価されています。
ご注文いただいてから精米しお届けいたします。

食味検査はつねに『A』

食味試験のランクは、複数産地コシヒカリのブレンド米を基準米とし、これと試験対象産地品種を比較しておおむね同等のものを「A’」、基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として評価を行い、この結果を、毎年食味ランキングとして取りまとめ、発表しています。
この検査において「伊吹食卓米」は毎年『A』という判定をいただいており、さらに『特A』にも劣っていないという評価もいただいております。



献穀米として、新嘗祭にて献上されているお米です

「新嘗祭(にいなめさい)」は「しんじょうさい」ともいい、「新」は新穀を「嘗」はご馳走を意味します。 毎年11月23日に全国の神社で行われます。
新嘗祭の起源は古く、『古事記』にも天照大御神が新嘗祭を行ったことが記されています。 現在では「動労感謝の日」として広く知られていますが、「命の糧を神さまからいただくための勤労を尊び、感謝をしあうこと」に由来しているといわれています。

この新嘗祭に献上するお米を収穫する「抜穂祭」も開催しており、毎年地元の子供たちの中から「抜き穂女」を選出しております。


伊吹農業生産組合で定められる栽培方法
  • 化学合成農薬および化学肥料の使用量の削減等
    ア) 県が作成する営農技術指針等を参考に、化学合成農薬および化学肥料を削減するための代替技術を用いること。
    イ) 化学合成農薬を使用する場合は、県が定める「農作物病 害虫雑草防除基準」に準拠して使用すること。

  • 堆肥その他の有機質資材の適正な使用
    堆肥その他の有機質資材を使用する場合は、別表アに定 める施用基準により使用すること。

  • 環境配慮技術(琵琶湖・周辺環境への負荷削減、生態系・ 景観保全)の実施
    別表イに定める「環境配慮技術」の「技術の名称」の欄に 掲げる技術の内、必須として定める技術の他に、水稲は2技 術以上、その他の作物については1技術以上を実施すること。

  • 環境と調和のとれた農業生産活動規範の実践
    別表ウに定める環境と調和のとれた農業生産活動規範を実践すること。

栽培方法全文は以下のファイルをダウンロードしてお読みください。



育てておられる伊吹農業生産組合

伊吹農業生産組合の組合員は48名。
減農薬・減化学肥料を行い、できるだけお米に負担をかけないよう育てています。年間生産は22ha、約1600俵収穫しています。
姉川の水と伊吹山の湧水で育てたお米は格別な美味しさです。
旬彩の森と居醒でも販売中ですが、週末には売り切れてしまう人気ぶり。「伊吹の食卓米」は旬彩の森の食堂でも提供されており、おいしいと大変好評です。
他にも病院や老人ホームでも提供されており、安心・安全なお米であることが評価されています。
ご注文いただいてから精米しお届けいたします。


また伊吹農業生産組合では、不定期ですが毎年市内の小学生を対象とした「農業に触れてもらうキッカケ」を作る取り組みにも励んでおられます。


道の駅・旬彩の森

「伊吹の食卓米」を販売されている㈲伊吹旬彩。国道365線を少し入った所、伊吹山のふもとで道の駅「伊吹の里 旬彩の森」を経営されています。
地元の生産者が精魂込めて作った採れたて野菜や果物、それらを使ったお惣菜やお菓子などの加工品を売る販売所。お食事ができる食堂や各種体験教室まで備えた施設です。
平成17年の開店以来、採れたての新鮮な野菜が販売されているため、地元の人にはスーパー代わりとして、観光客の人には湖北の特産品が買えるお店としてたくさんの人が訪れています。


㈲伊吹旬彩について



さめてもおいしい、伊吹自慢のお米

米原の奇麗な空気と水で育った「伊吹の食卓米」。
環境こだわり農産物として認定されており、伊吹農業生産組合の方々が丹精込めて作っておられます。炊きたてはもちろん、お弁当などに入れて冷めても大丈夫!おいしさ、甘さは失われません。
炒飯や丼ものにも最適ですが、まずはそのまま味わってください。お米の甘味が直接下で感じいただけると思います。




シェアするTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on FacebookEmail this to someone